アレグラジェネリック

アレグラジェネリック

 

花粉症や、アレルギー性鼻炎の薬として、耳鼻科などでよく使用される薬アレグラジェネリックのご紹介です。

 

アレグラは花粉症などのアレルギー性鼻炎に即効性がある抗ヒスタミン剤になります。

 

最近では、市販薬も販売されていますがやはり医者が処方するタイプのアレグラは強さが違います。(同じでしたら医者が使用しません。)

 

値段的にも市販薬が1錠110円に対して、個人輸入では、1錠70円代で購入する事が可能になります。

 

花粉症やアレルギー性鼻炎をお持ちの方は、アレルゲンである物質が体内に入りますと、ヒスタミンと言う物質が体内で出来て、アレルゲンを外に出そうと、くしゃみや鼻づまり、目のかゆみなどの症状が出てきます。

 

これらの症状は、アレルゲンである杉やハウスダスト、ぶたくさなどに対する過剰な反応が元で起きてしまいます。

 

このヒスタミンが出てくるのを抑える薬が抗ヒスタミン剤になります。

 

初めて抗ヒスタミン剤が出てきた頃には、副作用として眠気が起こる事が多かったのですが、アレグラなど第二世代の抗ヒスタミン剤は眠くならないように工夫がされています。

花粉症

 

更に以前の薬に比べますと、心臓への負担が軽くなり、長期に服用しても問題が無くなりました。また即効性・持続性も良くかなり効き目がある薬となっています。

 

花粉症やアレルギー性鼻炎は、日本では国民病ともいえる病気で時期になりますと、ドラッグストアーの店頭はマスクだらけになります。

 

ですが、一旦アレルゲンが身体に入ってしまいますと、もうマスクをしても意味がありません。

 

 

一刻も早くアレグラなどを服用する事で、症状が軽いまま治す事ができます。

 

アレグラにはジェネリックも出ていますので、お安い価格で購入する事が可能です。耳鼻科にいちいち行かなくても、今では、ネットでアレグラジェネリックやジルテックを購入できますので、便利な時代です。

 

ネットを上手に使用する事で時間もお金を節約できますので、すでにいつもアレグラやジルテックを使用している方は、ネットで購入をしましょう!

 

アレグラやアレグラジェネリックに関して更に詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。

 

アレグラの上手な使用方法

 

花粉症などの時期になる前に、アレグラを服用を開始しておきますと効果があります。

 

ついつい忘れてしまい症状が出てから服用しますと、3日程で症状は軽くなってきますが、逆に言いますと3日ぐらいは目のかゆみやくしゃみ鼻水に悩まされなければいけなくなってしまいます。

 

この間に鼻のかみ過ぎや、目のこすり過ぎが起きますと皮膚の炎症などをおこして、更に治りが悪くなってしまします。

 

症状が出るだろうシーズンになりましたら、早めにアレグラやジルテックを服用する事に気を付けましょう。

 

症状の出る前に服用しておきますと、更にマスクなどをする事でほとんど症状が出ませんので、とても生活が楽になります。

 

アレグラなどの第二世代の抗ヒスタミン剤は、身体に優しく、長期に服用してもほとんど問題がありませんので安心して使用してください。

 

アレグラは1日1錠(120mg又は180mgを服用)を服用するだけで、1日効果が持続します。季節の前から服用を初めて季節が終わる頃まで服用を続けるようにしましょう。

 

こうしておけば、花粉症対策は万全です。

 

アレグラなどを服用していることで、花粉症やアレルギー性鼻炎が酷くならない事を忘れないようにしましょう。

 

服用していて薬のお蔭で症状が出ない事を忘れて薬の服用を怠ってしまい。気がついたら花粉症になっていたなんて方も大勢いますので、薬の力で良くなっている事を忘れないようにしましょう。

 

 

ジルテックはアレグラ同様にとても花粉症にいいお薬で、アレグラに関しては市販でも成分を少なくする事で販売が認められている関係で有名になりましたが、ジルテックは医者が好んで使用する花粉症のお薬になります。

 

日常の生活での花粉対応

 

花粉症を繰り返さない。

 

花粉症を何回も繰り返す事で、花粉に対するアレルギー反応が酷くなってしまいますので、繰り返す事はしないようにしましょう。
黄色ずずめ蜂に刺されると、2回目はアナキラーショックになってしまい命さえ危なくなってしまいます。(アレルギー反応は繰り返す事で過敏になってしまいます。)

 

睡眠不足や、ストレスを溜めない

 

身体が疲れてきますと、免疫力も落ちてアレルギー反応も簡単に起こるようになってしまいますので、十分な睡眠と適度の運動などを心がけましょう。

 

最盛期には、外出を少なくする

 

基本的に多くの花粉を浴びる事は避けた方がいいので、花粉が多い時期になりますと、テレビなどで花粉注意報を出しますのでそれを見ながら、外出はなるべく一度で済ませるように工夫をしましょう。

 

花粉症

 

花粉を家の中に入れない

 

外で着ていた服などは、家に入る前に軽く外で花粉を落としてから家に入るようにしましょう。布団などは外に干す事は止めて室内で干すようにしましょう。

 

室内は細目に掃除をしましょう。

 

掃除機を掛ける事で、家の中にある花粉やハウスダストを少なくしましょう。最近の掃除機は花粉やほこりを完全に吸い込んで外に出さないタイプがほとんどですので、まだ古いタイプの掃除機を使用している場合には、花粉症にならないためにも掃除機を新調しましょう。

 

花粉症グッズを上手に利用する

 

ドラッグストアーなどに行きますと、たくさんの花粉症グッズが販売されていますので上手に使用しましょう。マスクもハイテクなものが発売されていて、アレグラと一緒に使うと花粉症防止機能が高度なものになります。
この時期はティッシュも少し値段の高い肌にやさしいタイプ物を利用する事で、鼻水などの処理で肌を傷める事がありません。

 

花粉症対策はアレグラと共にする事でかなり花粉症やアレルギー性鼻炎を改善してくれます。詳細はこちらをご参考にしてください。

 

アレグラのジェネリック

 

最近テレビで宣伝をしているので有名になったアレグラ。

 

TVコマーシャルはとてもお金が掛かりますので、その広告費は商品の値段に入ってきます。

 

つまり、高い商品を購入する事になります。

 

ドラッグストアーに行きますと、飲み薬だけではなくて目薬まで最近では販売されています。

 

もうすぐ入口にアレグラコーナーがどこでも出来ていますので、すぐに分かります。

 

アレグラジェネリック

通常の目薬ですと高くても500円ぐらいなのですが、アレグラ入りの目薬はなんと業者揃って1800円とお高い設定になっています。(これなら眼医者に行った方がお得なような微妙な値段設定です。)

 

ですが、ネットからでしたら同じ薬をかなりお安い価格で手に入れる事ができます。

 

ついついテレビのコマーシャルの力で、ドラッグストアーなどに行きますと値段の事も考えずに購入してしまいますが、保険が全く効いていない状態で購入するわけですから高額なのは仕方ありません。

 

ですが、ちょっとネットで見てみるだけで同じ商品を半額以下で購入できるのですから、そこはお利巧になって無駄なお金は節約しましょう。

 

もちろん医者に行って購入する事で保険が適用になりますので、お安くなるのですが、実際は初診料や処方箋料などいろいろと掛かってきますので結局は市販で買うのと同じになってしまいます。

 

アレグラ、アレグラジェネリックについて更に詳しく情報を知りたい方はこちらを参考にしてください。

 

花粉症の時期

 

花粉症と言いましても実際にはいろんな花粉がありまして、人によってどの花粉にアレルギーがあるかで花粉症になる時期が違います。

 

一般的に春の初めぐらいから杉の花粉が飛び初めて、スギ花粉の人口が多いためこの時期に花粉症対策のグッズや薬がドラックストアーで多く発売されています。

 

ですので、人によっては全く違う時期に花粉症になる人もいます。

 

また花粉症に似たアレルギーにハウスダストやダニなどにアレルギーを持っている人もいます。
この手の人は、衣替えや掃除が行き届いていないなどが原因でアレルギーを起こしますので、一年中アレルギー対策が必要です。

 

最近では、いろんな製薬メーカーから花粉カレンダーがでていますので、参考にしてください。

 

花粉カレンダー

 

その花粉にアレルギーがあるかは、耳鼻科に行きますと簡単に検査する事で分かりますので。症状がなかなか良くならない方は、一度ご自分が何に対してアレルギーがあるのか検査してもらう必要があります。

 

結構、意外な物質がアレルゲンだったりします!

 

最近になりましていろんな花粉症対策治療が出てきています。

 

減感作療法などと言って、定期的にアレルゲンを注射する事で体がアレルギー反応をしなくしてしまう方法がありましたが、2年程毎月注射でしたので、実際は大変なのなかなかしない人がほとんどでしたが、この治療もかなり改善されて、今では

 

舌に上に置くだけで、注射がいらない方法など試行錯誤されています。

 

取りあえず今は、アレグラやアレグラジェネリックを事前に服用しておく事で、花粉症に悩まされる事はありませんので、この方法がおすすめになります。

 

花粉症 メカニズム

 

私たちの体は異物が入るとそれを排除するものかそうでないのかを脳が判断します。

 

その後排除しなければいけない物となった場合には体は次に同じ異物が体に入った時に備えて、抗体というものを作ります。
花粉は異物で、排除しなければいけないと脳が判断した人は、花粉アレルギーがあると言う事になります。

 

次に花粉が鼻や目に入ってきた時にこの抗体が働いて、体からその異物を排除するために、くしゃみや涙などをする事で異物を外に出そうと反応してしまいます。

 

これが花粉症のメカニズムです。

 

花粉を異物と判断しない脳を持った人は、花粉がいくら体に入っても何も起こりません。

 

このときに体から作られる物質をヒスタミンといいます。

 

ですので、花粉症の薬は抗ヒスタミン剤と呼ばれています。

 

抗ヒスタミンの薬には、強弱があってその人の症状に合わせて、医者の方で選びます。

 

通常花粉症に使用される抗ヒスタミン剤は、個人差がそれほどなくだいたい同じ強さの薬を常用する事で抑える事ができます。

 

アレグラは、いままで医者でしか利用できない成分でしたがここ最近の医薬品の自由化に伴って、ドラッグストアーでも購入できる成分となり、多くのドラッグストアーがこの時期になりますと、店頭で販売し始めます。

 

症状が酷い場合にはもう少し強い薬(成分の多い)薬を使用しなければいけませんので、その場合には医者の処方が必要になります。